楽景blog -あんな事やそんな事-

庭師の仕事のあんな事やそんな事を書いていきます

庭師の相場


はい〜、楽景です


秋ですね〜
っていう気候で
晴れているものの、日陰は涼しく
エアコンのない車でもゆっくり休憩できます(楽)


まだ蝉が鳴いているので、夏もまだ残ってはおりますが
夏が嫌いになった楽景でも、夏の終わりは寂しいモノであります


そんな中
繁忙期を分散させるために、HPでキャンペーンをやろうと考えつき
時期外れの庭木の剪定の、料金値引きをやってみようと思っているワケであります


ついでに料金の見直しもしようと思う訳でありますが
庭師の相場って幾らなの?
と、庭師が考えています…



そんな訳で、今回のお題は「庭師の料金の高い安い」


楽景の知る限り
1日1人の作業の最安値は¥15.000
最高値は¥40.000であります


超例外で、2人で来て¥400.000請求されたって話を聞いたことがありますがw
恐らく、一番高い庭師でも¥50.000が天井ではないかと思われます


因みに楽景は
1日1人の作業で、伐採や処分ゴミが多い場合を除き
経費込みで¥28.000です(税込)
ポッキリですw


見積りに伺った時のリアクションは様々で
「え、そんなにするんですか?」
という顔をする人や
「え、そんなんでいいんですか?」
と、口に出して言う人もいます


そんなんでいいんですか?って言われた時は
いや〜よくネ〜、もっとクレ〜
と、浅く欲に取り込まれそうになりますが
"金持ちだろうが、一般家庭であろうが差別なし"
というのが、楽景の経営方針!


お客様の雰囲気で金額を変える事は致しません!


順番も先着順でご了承頂いております



さて、金額の話に戻りますが
出された金額は何に対する金額かという事です


単価の安い業者の例では
¥15.000でも
ゴミの処分費は別だったり
¥15.000が2人工で、結果¥30.000だったりする場合があります


楽景と同じ料金だとしても
刈込み手入れの業者もいるし
少し安くても、キチッとやって行く業者もいたりします


平均的の話をすると
安い業者は、刈込み等の簡易的な手入れをする業者が多いと思います
高い業者は、手入れはキッチリ、掃除も手作業でキッチリしている筈です(?)


楽景の場合
掃除は、最終的な部分はブロワーという、風を吹き出す機械を使います
また、生垣などの手作業と遜色のないモノに関しては
トリマーという、バリカンの様な機械を使います


どちらも、楽景が庭師を始めた頃はタブーでした
騒音と、庭師のプライドによるものですね


然し乍ら、景気の悪い世の中
庭師のこだわりだけの為に、お客様にお金を使わせるのはどうなのかと
会社に所属していた頃に思い当たったワケであります


お金持ちでも出費を控える現代なので
生垣の様に、手作業と機械作業で、結果の違いの少ないモノ
草刈りや掃除等の、時間の短縮が出来るモノは機械で作業して
短縮できた時間の中で、主になる剪定に時間が掛けられるのではないかと


勿論、お客様からのご要望があれば、全て手作業での作業もします
機械を使うのも、見積りの際、お客様にご了承頂いています


楽景は、価格帯も内容もこれでよしと思っているのですが
お客様がその内容を望んでいない場合があるワケです


ただ植木を切ってあればいい
とにかく安くやりたい


という場合です


こういった場合、楽景は値段が高いとなってしまいます
安く引受ける業者が、良い庭師さんになるワケですね


中間設定の業者と高い業者とは
内容にコレという違いが、ほぼ無いと思います


名前が知られていて信用があるとか
由緒ある会社だとかいう違いはあるでしょう
その方が安心するなら、高いというワケでもない


1日¥15.000でも¥40.000でも
1人で1日で出来る事というのは同じなワケで
施工に当たる職人が
やるか、やらないか
ソコの違いです


どんな金額でも
どんな内容でも
お客様が満足すれば、それが適正価格になります


だからね
たまに悩んじゃうんですよ〜
幾らに設定すれば良いのぉ


勿論ね
"迷わず行けよ"の精神でやってはいるもののですよ


「もっと高くてもよかったのに〜」


なんて立て続けに言われたりしちゃうと、ね
欲もかくわけであります
私、人間であります
煩悩の塊であります


醜いでしょうかぁ?😭



と、色々書きましたが
結論に至るに及ばず…
キャンペーンをやるなんて出来るのでしょうか?


そして、言う程気にしていない私…
まだまだ前途多難であります


めでたし、めでたし🎌




近日キャンペーン実施!?


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。