楽景blog -あんな事やそんな事-

庭師の仕事のあんな事やそんな事を書いていきます

庭園プチリフォーム完結編

いぇす!楽景です!!


なんかね、具合悪いけど元気いっぱいですw


”元気があれば何でも出来る”


アントニオ猪木氏の台詞ですね
わたくし楽景、潜在的猪木信者であり、猪木氏のポエム?には励まされることもしばしば
やっぱり成功した人の言葉っていうのは重みがあります
人間的に色々云われる猪木氏ですが
楽景、行き詰ったり、迷ったりした時にはいつも思い出し、振り出しに戻ります
そんな猪木氏の名作中の名作を、知らない人の為にここに送りたいと思います



”道”


この道を行けば 
どうなるものか
危ぶむなかれ
危ぶめば道は無し
踏み出せば
その一足が道となり
その一足が道となる
迷わず行けよ
行けば解るさ



結局ね、これに尽きるわけです
助言は沢山あれど、決めるのは自分
楽景にとってはこの上ない道標です


さ、なんでこの話になったのか謎に包まれておりますがw
元気を出して参りましょう!


お題”プチリフォーム”


昨日まで紹介した現場ですが、今日完工致しました!
なんかね、ダメな事ばかり書いてるのでね
ダメな庭師だと思ってる人も居るんじゃないかと思いますのでw
しっかりやります(?)


本日、まず行うのは植木の搬入!

イロハモミジ(右)と、ベニバナトキワマンサク(左)です


えー、大きいほうのイロハモミジの植栽場所はー!


あの角・・・


持ってける?
独りだよ?


とりあえず階段を上って家の周りをほぼ一周ぐるーっと回って
モミジ、元気なうちに入れますか!


何を隠そう楽景、腰痛持ちな上に本日、軽く下痢気味の腹筋には完全に不利な状況


//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
//DANGER!//DANGER!//DANGER!//DANGER!//DANGER!//
//////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


”その歩みは僅かだが、確かに一歩、また一歩"
(AEROSMITH ~Don't Want To Miss A Thing~ をバックに)



なんて実況しながら運んで行ったワケでありますが・・・



うそぉ~ん


通んないじゃん…


ダメだこりゃ


バァヒ!バァヒ!バァヒ!(ドリフ的な音)


このままじゃまたダメ人間のダメ記事になってしまうので
次行ってみよう!次どうぞ!



植穴ひとつとっても、先輩、親方によく怒られたもんです


”縦は垂直に!底は平らに!植穴は根鉢より大きく!”と
微調整するのに、どこに移動しても高さを変えない為です
基本中の基本です


木を入れた後、これも基本中の基本”水極め”をします
水やりとはちょっと意味合いが違います
勿論、水をあげることには変わりはないのですが
”水極め”は周りの土と根鉢を密着させるための手法です



植穴の外周に土手を作り水を土と一緒に流し込みます
ホースを奥まで差し込んだり、棒で突くなどして根鉢の周りの隙間を無くします
これを確実にする為に植穴を大きくしておく必要がある訳です
隙間が出来てしまうと細い根が迷子になってしまい、隙間のある部分に根が張らなくなってしまいます
倒木や栄養不足の原因になるのでこの基本は嫌っていうほど叩き込まれます
”もううるせーよ”と先輩や親方に反抗的な態度をとっても尚、言われ続けます
今となってはしつこく言ってくれたことに感謝ですが
当時はホントに嫌でしたw
並みの奴はここらへんで辞めていきます
そんな奴要らないって事なんだと思います


ゴボゴボと水が土を下まで送っていくと上の写真のように水が土手に溜まります
”水が廻った”状態で、水極めが完了します
夏は日中を避け、午前か夕方に、冬は日中にやるのも基本です


そんなこんなで問題のモミジに移ります(鬱)


とはいえ、手立てが無い程の事でもないのです
親方ですからねw


根鉢を崩さないように丁寧に根鉢を削ります
この時、細根を出来るだけ大事にします


それなりに悪戦苦闘しましたが
どーん!

ま、こんなもんです
息も絶え絶えですが…(疲)


もう、ここまで来れば終わったようなもの!


先ずは一服して(癒)
防草シートの続きやって、砂利敷


剪定して草取って洗い掃除したら
ズボンもビショビショですが


完成~


花壇部分はお客様に庭に少しでも楽しみを見つけてもらえるように空白にしてあります
何か植えてみたいと思って貰えれば成功ですね


外国の方のご主人が”和”の雰囲気にしたいというご要望と
奥様の白い砂利がいいというご要望のあった今回の作庭
楽景的にも砂利と新植の植木以外、既存の物を使うという課題があり
なんか色々ハプニングもありましたが
体温のある仕事をやれた良い現場でした


この先もずっとこんな気持ちで仕事が出来るようにやっていきたいと思います
”出来上がった物”というより”施工中の充実感”っていうのかな?
こういう感じがお客様にとっての”良い物”となるんじゃないでしょうか


デザイン性や奇抜さに走らず、お客様の為の庭作り
なんかこれが一番達成感あるんだよなぁ





HP 見てね~







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。