楽景blog -あんな事やそんな事-

庭師の仕事のあんな事やそんな事を書いていきます

祝、納車でございます(喜)

すっかりブログのおさぼりが板についてきましたw
皆様、如何お過ごしでしょうか
楽景でございます


現場に追われる時期が過ぎて、何か気が抜けておりますが
現場が少なくなって来ると、忙しくなるのは
そう、見積りです¥¥¥


誤魔化し誤魔化し
引っ張り引っ張り
延ばし延ばしにしてきた
工事系の見積りのオンパレードです


ちょっと前までは、好きだったんですけどね
見積り…


なのに、なんか気が乗らない
終わってるのでしょうかね?私…


そんな中、モチベーションを上げるこの日が!
ついにこの日がやって来ました!


ジャーン!


ちょっとウンコ付いちゃいましたけど
新車の軽トラが、本日!
納車になりましたー(ワー!パチパチパチ🎉🎊💸)


エアコン無しの車に耐えながら
待ちに待った新車ですが


もう、エアコン要らない時期?


( ̄▽ ̄;)




そんな事はさて置き


良いですね☺️


今の軽トラはよく出来ていて
まず、運転席が広い!
そこそこ、ゆったり乗れます


そして、今まで
荷物を乗せる車としてはイマイチだったオートマ車です


もうね、1日に何回クラッチ踏んで
何回シフトチェンジして来たことか


疲れ切った時のクラッチペダルっていうのは
重いの何のなワケでありますよ


そんなもんで、オートマにしたんですが
全然気にならない!
オートマにして大正解です


前もホンダ車だったのですが
ホンダ車にする理由は


コレ!

パカッと


助手席の下に、フリースペースがあるんですよ!


何かと荷物の多い現場仕事であります
この僅かなスペースがどれ程重宝するか


エンジンが後ろにあるホンダ車ならではのNicePoint!


いや、ホンダの回し者ではないのですがw


それにしても何処を見ても綺麗ですな
当たり前ですが


この車、何とか15年活躍して貰って
楽景の発展に、一役買って貰いたいと願うばかりです



と言うことで
ブログの更新の糧になるかは不明ですがw
仕事のヤル気は、コレで出来たので
これから、より一層
目指した方向に励んでいきたいと思います!


それでは、また









庭師の相場


はい〜、楽景です


秋ですね〜
っていう気候で
晴れているものの、日陰は涼しく
エアコンのない車でもゆっくり休憩できます(楽)


まだ蝉が鳴いているので、夏もまだ残ってはおりますが
夏が嫌いになった楽景でも、夏の終わりは寂しいモノであります


そんな中
繁忙期を分散させるために、HPでキャンペーンをやろうと考えつき
時期外れの庭木の剪定の、料金値引きをやってみようと思っているワケであります


ついでに料金の見直しもしようと思う訳でありますが
庭師の相場って幾らなの?
と、庭師が考えています…



そんな訳で、今回のお題は「庭師の料金の高い安い」


楽景の知る限り
1日1人の作業の最安値は¥15.000
最高値は¥40.000であります


超例外で、2人で来て¥400.000請求されたって話を聞いたことがありますがw
恐らく、一番高い庭師でも¥50.000が天井ではないかと思われます


因みに楽景は
1日1人の作業で、伐採や処分ゴミが多い場合を除き
経費込みで¥28.000です(税込)
ポッキリですw


見積りに伺った時のリアクションは様々で
「え、そんなにするんですか?」
という顔をする人や
「え、そんなんでいいんですか?」
と、口に出して言う人もいます


そんなんでいいんですか?って言われた時は
いや〜よくネ〜、もっとクレ〜
と、浅く欲に取り込まれそうになりますが
"金持ちだろうが、一般家庭であろうが差別なし"
というのが、楽景の経営方針!


お客様の雰囲気で金額を変える事は致しません!


順番も先着順でご了承頂いております



さて、金額の話に戻りますが
出された金額は何に対する金額かという事です


単価の安い業者の例では
¥15.000でも
ゴミの処分費は別だったり
¥15.000が2人工で、結果¥30.000だったりする場合があります


楽景と同じ料金だとしても
刈込み手入れの業者もいるし
少し安くても、キチッとやって行く業者もいたりします


平均的の話をすると
安い業者は、刈込み等の簡易的な手入れをする業者が多いと思います
高い業者は、手入れはキッチリ、掃除も手作業でキッチリしている筈です(?)


楽景の場合
掃除は、最終的な部分はブロワーという、風を吹き出す機械を使います
また、生垣などの手作業と遜色のないモノに関しては
トリマーという、バリカンの様な機械を使います


どちらも、楽景が庭師を始めた頃はタブーでした
騒音と、庭師のプライドによるものですね


然し乍ら、景気の悪い世の中
庭師のこだわりだけの為に、お客様にお金を使わせるのはどうなのかと
会社に所属していた頃に思い当たったワケであります


お金持ちでも出費を控える現代なので
生垣の様に、手作業と機械作業で、結果の違いの少ないモノ
草刈りや掃除等の、時間の短縮が出来るモノは機械で作業して
短縮できた時間の中で、主になる剪定に時間が掛けられるのではないかと


勿論、お客様からのご要望があれば、全て手作業での作業もします
機械を使うのも、見積りの際、お客様にご了承頂いています


楽景は、価格帯も内容もこれでよしと思っているのですが
お客様がその内容を望んでいない場合があるワケです


ただ植木を切ってあればいい
とにかく安くやりたい


という場合です


こういった場合、楽景は値段が高いとなってしまいます
安く引受ける業者が、良い庭師さんになるワケですね


中間設定の業者と高い業者とは
内容にコレという違いが、ほぼ無いと思います


名前が知られていて信用があるとか
由緒ある会社だとかいう違いはあるでしょう
その方が安心するなら、高いというワケでもない


1日¥15.000でも¥40.000でも
1人で1日で出来る事というのは同じなワケで
施工に当たる職人が
やるか、やらないか
ソコの違いです


どんな金額でも
どんな内容でも
お客様が満足すれば、それが適正価格になります


だからね
たまに悩んじゃうんですよ〜
幾らに設定すれば良いのぉ


勿論ね
"迷わず行けよ"の精神でやってはいるもののですよ


「もっと高くてもよかったのに〜」


なんて立て続けに言われたりしちゃうと、ね
欲もかくわけであります
私、人間であります
煩悩の塊であります


醜いでしょうかぁ?😭



と、色々書きましたが
結論に至るに及ばず…
キャンペーンをやるなんて出来るのでしょうか?


そして、言う程気にしていない私…
まだまだ前途多難であります


めでたし、めでたし🎌




近日キャンペーン実施!?


ゴールドクレスト剪定


なんとも調子が上がらない楽景です


連休が雨ばっかりだったせいか
なんか、諦めがつかない様で、気持ちの切り替えが上手くいきません


そして、連休が終わったと思ったら
この猛暑日!
もう、何なのよ?


連休前に、涙のお別れをした軽トラの代わりに
栃木から運んできた軽トラは、エアコン無し!パワステ無し!


辛いであります
辛過ぎるであります(酷)


空調回しても、出てくるのは熱風ばかり


な、なんか、つけない方が涼しい気がします…


エアコンの後付け15万円くらい
古い車なので、キットやら部品が揃わないと、色々加工が必要で
20万くらいかかるかも…
今後も、不具合が出たら部品探し…
維持費かかるなぁ、コレは


そんなもんでね
新車買いました!(急)🎉🎊💸


「今なら金利1.9%ですよ」と言う言葉に釣られて
買ってしまいました


ま、毎日乗る車なのでね
快適な方が良い訳ですよ
仕事のモチベーションも上がるって訳です



そんな気分もアゲアゲな中
エアコン無しの車で向かった現場ですが!


施工前の写真を忘れましたー!👏


ま〜ぁ、いつもの事
もう、本当に死ななきゃ治らないとこまで来ております


でも、ちょ〜っと見て貰いたいので
今更、お題 "コニファーの剪定"


はい、こちら


ゴールドクレストであります


15年くらい前になるのかな
ガーデニングがブームで
猫も杓子もコニファーを植えた訳ですが
今では、庭の厄介者トップ10に入ってしまうほどであります


何せ大きくなるコニファー類
雑誌なんかで、外国の広い庭に植えてある写真をよく見かけましたが
日本の平均的な敷地面積では無理がある訳ですよ
外国の広い庭だからいい感じに見える訳なのでね
狭い花壇なんかに植えて2・3年ほったらかしたら化け物です


多くの植木屋さんは、刈込み手入れですませる訳ですが
深くまで刈り過ぎると、枯れ込んでくる為
あまり深くまで刈らない様にしてしまいます


茂ってくると、内側がムレて葉がなくなります
葉のなくなった所からは、新芽が出ないので
差支えない様に手入れしてしまい
しだいに大きくなってしまう訳です


大きくなってからでは、もうどうにもならないので
結果、伐採する方が殆どです


写真のゴールドクレストも、当初は奥様が伐採も考えておりましたが
「イヤイヤ、まあ任せときなさい」
ってなもんで枝抜き剪定させて頂いております


こう見えても50cm位高さを下げています
流石にこれ以上低くするのは無理なので
大きくしない様にするのが楽景の仕事です


この様にしておくと
少し内側から新芽が出るので
枝を詰めることができる訳ですよ
凄いでしょ庭師ってw


まったく施工前の写真が無いのは痛手ですが
コニファー類の剪定の参考になればと
取り上げて見ました


因みに、全体の施工後の写真も無い訳なんですよ
大馬鹿者と呼んで下さい


そんな訳で、中途半端な施行中写真でお別れしましょうw



でわまた



HP