楽景blog -あんな事やそんな事-

庭師の仕事のあんな事やそんな事を書いていきます

20年の積み重ね

楽景でございます


今日はお題から "20年もやってりゃね" でございます


本日から夏休み迄
以前紹介した路地を作らせていただいたお宅の手入れです




作庭したのは、ほんの氷山の一角



此方のお宅、豪邸であります




え〜、わたくし楽景
余力は既に使い果たしました…
今、楽景を動かしているものは、惰力

この豪邸、惰力だけで終わらせられるのでしょうか?



今日は、仲間も手伝いに来てくれているのに
2人ともヘロヘロで、会話もなく…笑いもなく…
ただの機械です
剪定マシーン


口を開けば「あちー」
頭を巡るのは「プールに飛び込みたい」「宝くじ当てて遊んで暮らしたい」
等と、不毛な事ばかり…


本当はいけないんですよ
こんな感じで仕事しちゃね
分かってても、今年はしんどい…
って言うか、年々しんどくなってくる…



しかし!
自分で言うのもなんですが
流石だな〜と感心



ほぼ"無"になっている剪定マシーン
「おお、いいんじゃない」
という仕上がり!



こんな時の為に、バカだカスだ言われながらやって来たんだと(涙)
20年もの間、ひたすら反復して来たんだと(鼻水)


何も考えてなくても、勝手に、自然に体が動くなんて
楽景、いつから北斗神拳究極奥義、夢想転生を身に付けたんでしょうか!?
(知らない人、本当にごめんなさい)



でもね…その時のコンディションとか感情は、手入れにでるんですよ


イライラしている時は、なんか刺々しい庭になります
疲れている時は、メリハリのない庭になります
自分で、手入れの終わった後、あ〜ぁと思う程です


体調はどうにもならないですが、私情はなるべく持ち込まない様に心掛けているのですが
"無"になった時は、どんな庭になるんでしょうかね?
表情の無い庭になるんでしょうか?
ちょっと楽しみでもあります(コラッ!)


以前、お客様から
「あなた、何かあったの?お庭が教えてくれてるわよ」
と言われた事があります
どこまで本当なのか分からないです
楽景も"本当かよ"って思いましたが
たまたまタイムリーだったので、ハッとした事があります



20年もやっていれば、体に染み付いた モノもあります
技術は勝手に出てくるんだと思いますが
体温を感じる仕事は、常に意識していなければ出来ないものです
明日、ゆっくり休んで
庭師の本分を忘れずに、夏休み迄やっていきたいと思う、真夏の暑い日でありました



疲弊している上に酔っ払っていてwなに書いたのかも、もう分かりませんが
酔っ払いは嘘つきません!
ただ前だけ向いて、ゆっくり歩きます!



路地も草ボーボーです

どれだけ綺麗になるか
今度こそ、blogに出したいと思います


もうダメだwお休みなさい💤





写真の撮り忘れのち愚痴のち豆知識(長文注意)

只今、枝葉のゴミを空けたいんですが…
雨が降って来ました


処分場の中って、枝葉の山脈があるんですが
山の下の方は堆肥みたいになっていて
雨が降ると、もう場内グチャグチャなんですよ
また、すごい匂いがするの
でね、どうしようかなと…


遠くに晴間が見えてたんで
止むかなと
待機中であります



さあ、今回のお題 "写真忘れないには、どうしたらいいの?" です



はい、こちら


楽景の仕事ぶりを見せるには恰好のsituation!(日本語と英語あってる?)


もう一枚



これがね
きれーになったんですよ、ピカピカに(眩)


ついでに、楽景はこんな事やってますよー的な、いいサンプルもあったんですよ



ナンデシャシントリワスレルノォ?



他の庭師のblog見るとですよ
ハイ施工前
ハイ施工後
みたいに載せてるんすよ
施行中の写真とか
3時の休憩の時に、お客さんと笑顔で写真まで撮ってる


コレドウヤッテルノォ


いや、自分で言うのもなんですけど
忙しいんですよ、仕事中


剪定してね
ゴミ運んで
またゴミ運んで
もうウロウロウロウロするわけですよ
アリの様ですよ
アリですよ
アリ


写真撮る暇ないっていうか覚えてられないわけです
明日以降のことも考えてたりするのでね


その上、笑顔でお客さんとピースなんて、女の子に「好きです」って言うくらいドキドキしちゃうわけです


皆んなblogにどんだけ全身全霊なんだろ?


まあでもね、完工した時くらい写真は撮れるわけですね
もうちょっとだけ"ネタ"っていう意識を持って、施工に当たりたいと思います(いいのかな?)


そんな中ですが、施工前の写真にも是非見てもらいたいトコがあるんですよぉ〜ぉ!
お客様から褒められるトコ


上に戻るの面倒だと思うので
上と同じ写真w


ドン!



枝の、の〜び〜か〜た (おばさまの「やーねぇ」の手付き)


見て!
綺麗な放射状に伸びた枝!


コレ、実は枝の整理が出来てなきゃね、こうならないんですよ!
ホントに!
なんという整理上手👺


収納の整理が上手な、よく分からんヤツがテレビに出まくってるのに
枝の整理がこんなに上手な楽景は何故、何のメディアにも取り上げられないのか⁉︎


いや実は1回、取材の依頼が来た事あるのですよ(告)
有頂天になってみたりしたのですが
よーく話を聞いてみれば
"5万円払ったら、芸能人連れてお前みたいなモンの為にわざわざ取材に行ってやる"
的なものでしてね(悲)


断りましたよ


聞いたこともない雑誌に5万円も払うかよと
誰が見るんだよと
5万円回収できるのかよと


もう、何なんでしょうね?
向かった"モノ"の違い…
チロルさんに頂いたコメントの返信にも書きましたが
もしかしたら楽景、庭師界ではイチローレベルかもしれないじゃないですか?
いや、分かんないじゃないですか、ね?


方や、野球が上手くて数億円
方や、剪定が上手くて数十万円…


この差は何ですか?神様(涙)


でもね
負けません
めげません


引かぬ!媚びぬ!省みぬ!(知らない人ごめんなさい)


(漢を教えてくれる北斗の拳です、知らない人は是非!)


楽景の不平不満の為に引っ張り出された聖帝サウザーの為にも
イチローと同い年のわたくし楽景、邁進していくのであります!
こう言うこと書くから、無駄にblogが長くなるのであります!



はぁい
さあ、最後に為になる話をして、終わりたいと思いますよ


此方のお庭での話です
お隣から伸びて来た竹が、此方の庭に生えて来てしまったのでありますよ
大変困ったものです(悩)
竹の根は8mも伸び
伸びた先からも途中からも、竹が生えてしまいます
増えた竹から、更に根が 伸びてしまいます
むやみやたらに竹が蔓延ってしまいます


"竹の1m切り"
ご存知でしょうか?


写真の様に1m位の位置で切っておくと
根まで枯れるわけであります
これにより、竹が増える事が防げるわけであります(凄)


1m辺りで切られると、竹は切られた事に気付きません
気付かない竹は、根から水や養分をドンドン吸収します
吸い上げられた水分養分は、切り口からダダ漏れなわけです
知らずに吸い上げ続ける竹の根(哀)…
次第に力尽き、天命を全うするわけであります(供)


本来は冬場にやる のが正解なのですが
楽景、志ある庭師であります(怪)
夏でも効果があるか、検証してみました
結果はまた来年となるわけですが
それまでblogを続けていられるか
皆様のお力添えが必要となりますのでね
今後ともよろしくお願いします、というわけでございますねぇ


2回に分けろよ!ってくらいの内容になりましたがw
半分以上、余計な話ですのでね
飛ばし飛ばし、読んで頂ければと思います



最後の最後は、此方のお客様に頂いた日本酒で、お別れしたいと思います
愚息が異常に取ってきたカブトムシの入れ物も写っておりますがw
また次回
でわ!


美味いなぁコレ(酔)





HP 千客万来!

紫陽花剪定講座(無料)

どうも〜楽景でぇす


今日、現場の近くの公園に昼休みに腰を伸ばしにふらっと寄ってみたんですよ
あ、車に居ると腰が痛いからね
公園には池があってカモが泳いでるわけです
水上の優雅な姿とは対照的に、可愛い足は結構忙しそうなんです
そんな足を見てたら、ふと思ったわけです


カモ、何してるんだろう?
もしかしてカモ、仕事中なのかな?
こう見えてもカモ、忙しいのかな?


などと



何か水を掻く事で、水質や自然環境に重要な役割を果たしてるのではないかと
だからカモ、必死なのではないかと
そう思うと群れで飛ぶ鳩も、羽ばたく事で大気を循環させたりしているのではないかと
だから鳩、頑張ってるんじゃないかと
そうか!みんな仕事してるんだ!
楽景も頑張んなきゃな!


そんな事を思いながら現場に戻る途中
大あくびしてる猫を見て
さっきまでの想いはかき消されました…
動物なんてね、好き勝手にやってるんですよきっと


あぁ、生まれ変わって猫になりたい




はい、ねw


梅雨も明け、いよいよ夏本番
この時期、お困りの方もいらっしゃる事かと思います
今回のお題 "紫陽花の剪定"


いやね、2件続けてお客様から
「blog見てたらお忙しそうなので〜」
と言われましてね
お客様も見ていらっしゃる事が判明したわけですよ
ちょっと真面目にやらなきゃいけないなと…
いや、前からそう思ってたんですけど
そこはね、アレです…



さて、夏本番ともなると、紫陽花の花も茶色く萎れて、剪定しなきゃいけません
参考書やネットでよく見られるのが
花から3芽のところでとか
3芽残してとか書いてあると思います
ん?どっちが正解?
と混乱している方もいるかと思いますが
上からでも下からでも大体3芽は同じ辺りに来ます
そうでない場合もありますが、全体を考えればどっちでもいい話であるわけですね


しかしながら、参考書やネットで書かれている事をここで書いてもしょうがないですからね
小さくする、又は大きくしない剪定術を太っ腹に解説したいと思いますよぉ!



上記の様に、3芽残してとか花から3芽の所で剪定していれば
剪定時期を間違わなければ、花は確実に着きます
花が終わってから9月いっぱいです(9月中旬過ぎだと遅い場合あり)
が、上下どちらから残しても、3芽分伸びた枝が残るので
そこから更に枝が伸びると前年より大きくなってしまいます
背丈くらいの巨大紫陽花をお持ちの方もいるのではないでしょうかね?
しかも、ブツブツ枝を切るので 、樹形がゴツゴツしてきます
困りましたねぇ…


こちらをご覧下さい


本日の現場の紫陽花、施工前の写真です
これでも去年一回り小さくしています
楽景くらいの親方ともなるとwこの時点で剪定後の輪郭が見えてるわけなんですが
どうでしょう?見えてますか?
ちょっとこの写真じゃ分かりにくいですが
見えた人居たらウチの仕事手伝って下さいw


ふわっと柔らかい雰囲気にするには、茶色くなった枝をなるべく下の方に追いやっていく必要があります
枝先をチョンチョン切るのではなく、なるべく下の、枝のある所でバサっと外す感じです


げっ!ピント合ってない


えー、このピントの合ってない中央の枝を外します
緑色の枝が残す枝です


がっ!またピント合ってない…


外した枝は、もっと上で枝分かれしていて、今年、花の付いた枝です
残した枝は、外した枝の枝先より低い位置に枝先がある、今年、花が付いていない枝です


大丈夫?ついて来てますか?


花の付いた枝は、来年は花がつかないので、3芽で剪定して新しい枝を作ってやらなきゃいけません
残した枝は花が付いていないのでそのままでいいわけです
枝の途中で切らないので、枝先までシュッと伸びた自然な状態でいられるわけなんですね



こんな感じになります
80点ってとこですねw


この紫陽花、予定していた高さはこれくらいでOKなので
来年以降は、同じ作業をしながら樹形を更に整えていきます


こうして、一年中紫陽花らしい樹形を維持出来るわけですが
注意点として


枝分かれを作らないので花の数が減ること


勢いの弱い枝には花が付きにくいので、なるべく勢いのある枝で作ること


たまに、花が付かない枝があること


このことを踏まえて、大きくなり過ぎた紫陽花 の剪定、チャレンジしてみて下さい
3芽についての詳しくはネットなどでw



この記事ね
昨日出す予定だったんですけど
友人と電話してたら眠くなっちゃいましてね
今日になってしまいました
写真は晴れなんですが、本日、首都圏は雨であります


雨の中、ご苦労様でした!
いいえどういたしまして


(誰も言ってくれないので自演)





HP(永久工事中の疑い)